仄暗いレートの底から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ポケモン3世代】光るポケモン、光らないポケモン

※注意※ 割とクソ記事です。

乱数調整と言えば色違い、色違いと言えば乱数調整みたいなとこってありますよね。(色乱数アンチの方、ごめんなさい…)
草むらから飛び出してくる子を光らせたり、伝説のポケモンを光らせたり、オダマキ博士にもらう子を光らせたり…乱数調整をすれば1/8192もなんのその、簡単に色違いに出会えます。

しかし、世の中には変わった人もいるものです。

「オダマキ博士を襲うポチエナって、光らないのかな?」

そんなことを考えるアホもいるんですね。



この記事では、普通じゃない色乱数をしたい人のために、RS FRLG Emでポケモンが光る箇所を紹介したいと思います。
叶うなら、この遺志を継ぐ者が現れることを…。

ルビー/サファイア/エメラルド
RSとEmで若干の違いは無いと言えば嘘になりますが、そんなに気にしなくていいでしょう。犬か熊か程度です。

①オダマキ博士を襲うポチエナ/ジグザグマ
3g無駄色乱数のすべての始まり。
RSではポチエナ、Emではジグザグマがオダマキ博士を襲います。
ポチエナ/ジグザグマは普通のシンボル個体と同様にPIDと個体値が生成されています。IDは自分のものを参照します。
御三家のPIDが生成されてから138[F]程度後でポチエナ/ジグザグマのPIDが生成されるので、そこに合わせれば光ります。
また、御三家と同時に光らせることもできます。

②ミツルがセンリから借りるジグザグマ
割と闇が深めなやつ。
ズレ調整をしようにも、画面から得られる情報が性別とH個体値だけです。ひたすら回数に任せて虱潰しに調べるほかありません。
PIDが生成されるタイミングはジムから出た直後。

③ミツルが捕まえるラルトス
めちゃくちゃ闇が深いやつ。
色判定が特殊で、PID生成の直前にミツルのTIDとSIDを生成し、色判定に使います。
生成タイミングは戦闘に突入する瞬間。「うわっ!」で待機すれば大丈夫です。
ただし、道路に不定NPCがいるおかげで、NPC消費があります。 (闇ポイントその1)
そして、ジグザグマと違い、画面から得られる情報が一切ありません。性別は♂固定です。(闇ポイントその2)
成功例のフレーム調整を真似するのが一番だと思います。。。

④バトルタワーの相手が使うポケモン(RS)
3匹同時に光らせることも(理論上は)可能です。2匹以上同時は成功者がいません。
PID生成は戦闘に突入する瞬間。ポケモンの種類決定→PID決定→ポケモン→…といった処理になっています。
っていうかバトルタワーの各種処理について触れたほうが良いんでしょうか。またいつか、そのうち、きっと、書く…かもしれません。

⑤バトルフロンティアの相手が使うポケモン(Em)
施設ごとに多少の違いはありますが、どの施設でも光ります。簡単なのはタワー。
ポケモンごとに性格が固定されているので、出てくるポケモンの種類を合わせないといけないのがちょっと厄介なところ。

⑥バトルファクトリーのレンタルポケモン(Em)
色理想三犬が3世代で手に入るのはここだけ!
ファクトリーについては後日詳細な記事を書きますが、レンタル6匹の種類決定とPID生成のタイミングが分離されているので、厄介と言えば厄介。
ですが、ID次第で調整タイミングの許容範囲が広くなる可能性があり、下手をすれば1秒ズレても光ります。(これは性格が固定されている個体すべてについて言えます。後述するガラガラなんかがそうです)

⑦トレーナータワーのポケモン(Em)
未検証ですが、光ったという報告があるとかないとか。


ファイアレッド/リーフグリーン
初期seedが不定なおかげで難易度が上がっていますが、その分光った時の「何やってんだろう」感は尋常じゃないです。
光らない間はもっと虚無です。

①トキワシティの爺が捕まえるビードル
ミツルラルトスと同じ処理です。
イベントを見終わった後に、どの初期seedを引いたかを野生で確認すれば、虱潰しの効率が上がります。
実はNPC消費が挟まらないだけミツルラルトスより簡単だったりする…。

②ポケモンタワーのガラガラの幽霊
華麗なるサイドステップで有名なガラガラ。
性別♀固定、性格きまぐれ固定です。そのおかげで許容フレームはかなり広くなります。
ただし、色エフェクトが出ない上にわかりにくい色なので、注意しないと見逃します。

③教えテレビで出てくるポケモン
おそらく最高難易度クラス。未だ成功者おらず。(というか挑戦者すらいない)
その理由は、教えテレビのメニュー画面で毎フレーム312[F]の乱数消費があるから。
どのタイミングでこの消費がストップするのかの計測から始めないといけません。
ただしポケモンごとに性格・性別が固定なので、許容フレームは広めです。
最高で3匹同時に光らせることが可能(…理論上は)。


以上が、僕が知る限りの無駄色乱数が可能な箇所です。
ちなみに、ストーリー道中のトレーナーが出すポケモンは光りません。
完全な自己満足の世界ですが、やってみると案外楽しいですよ。みなさんもやりましょう。
間違っている箇所や不足している点があればお教えください…。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿

















Powered By FC2ブログ
Template By oresamachan
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。